日本将棋連盟 棋心支部 会員募集中!

アクセスカウンター

写真は2019年4月20日~21に行われた支部名人戦・対抗戦・シニア名人戦の東日本大会、及び2018年2月12日に行われた支部対抗戦 東京予選に出場した時のものです。

 

2019年は棋心支部は会員100人を超えたいわゆる100人支部の仲間入り(東京では2つめの100人支部)をしましたので、前年に戦った東京予選は免除で、東日本大会に代表を送り込むことができました。しかもその結果、東支部名人に棋心支部代表の知花賢氏(その後、知花氏は東西決戦にも勝利して初の全国タイトル、支部名人を獲得)、正式免状三段以下3人の団体戦である支部対抗戦では東日本3位入賞で参加3名(敬称略:山内梓、成清創、内山あや)は副賞の四段正式免状を獲得して団体戦は卒業となりました。

 

棋心支部は、来年以降も引き続き予選無しで全国大会に代表を送れる100人支部を目指しておりますし、さらに、複数人(団体戦は複数チーム)の代表を送り込める200人以上支部をゆっくりと目指していきたいです。一緒に全国大会へ行きたい方、入会ご協力をぜひお願い致します。

※棋心支部会員数(2019.07.05現在):137人

 

【棋心支部の東日本大会代表条件について】

何人かの棋心支部会員から、100人支部特典の支部名人戦・支部対抗戦・シニア支部名人戦の東日本大会代表にして欲しい、あるいは、代表決定戦を行って欲しいという要望がありました。そこで、ここでは棋心支部代表になるための条件を明記、明確化しておきます。基本的に棋心支部の日頃の活動にご協力いただいている方を優先的に代表として東日本大会に出場いただいております。

 

優先順位1:社団戦に文化の旅企画・棋心関連チームで参加されている方

優先順位2:棋心教室の生徒、または、先生として教えていただいている方

優先順位3:文化の旅企画の合宿に参加されている方

 

注)個人戦(支部名人戦、シニア支部名人戦)の代表は必ず優先順位1の社団戦の参加が必要です。個人戦代表になりたい方は、社団戦を文化の旅企画・棋心関連チームでご参加下さい。

 

【棋心支部概略】

日本将棋連盟 棋心支部は、平成27年11月1日付けで新規発足した支部です。

棋心支部では常時支部会員を募集しております。棋心支部会員は以下の特典を受けることが出来ます。

 

1)日本将棋連盟の支部会員としての特典

・将棋手帳の贈呈

・支部ニュース(年3回)の配信

・支部対抗戦、支部名人戦、シニア名人戦への参加権

・連盟販売部で扱う商品の割引き、東西将棋会館道場の割引き

詳細は日本将棋連盟HPの該当ページを参照ください。

 

2)棋心支部の支部会員としての特典

・参加費千円(プロ指導対局料含む)で府中将棋同好会に参加可能

知花研上村教室の参加費割引き(2,000円->1,500円)

プロ指導対局会やすらぎ将棋大会子供合宿等各種イベントの割引き

社団戦(令和元年度は4チーム参加)への優先的参加

・道場対抗戦への割引き参加

 (棋心は2016.12.20付けで道場連合会に加盟しました。)

 

■棋心支部会費

棋心支部では会員様より運営費をいただいておりませんので、以下の通りの日本将棋連盟への加盟費のみになります。

・支部正会員:3,000円

・女性・学生会員:2,000円

・支部特別会員:10,000円

・将棋世界支部会員:12,100円

 

*注意1):会費は全て1年間です。棋心支部は11月1日~翌年10月末日が1年間になります。1年の途中(例えば翌年1月等)で入会しても更新は次の11月1日になります。

*注意2):支部特別会員と将棋世界支部会員の特典につきましては、日本将棋連盟HPの該当ページを参照ください。